安生正人

インタビュー

ガットギター&ケルティックパープ

2014.5. 6:安生正人【ガットギター&ケルティックパープ】

2014年4月に安生正人さんのインタビューを行いました。


 


自己紹介

クラシックギターとケルティックハープの2種類の楽器を演奏

栃木県内外で演奏しております安生正人です。クラシックギターとケルティックハープの2種類の楽器を演奏しております。




安生正人のルーツを探る。

誰かのために曲を捧げたい。」そういう想いから作り始めました。

●音楽活動をはじめたキッカケ、エピソードは?
昔から音楽好きで聴いていたのですが、音楽をやろうと思ったキッカケは、高校生の頃友達が、バンドをやろうと誘ってくれまして、ギターとか楽器もよくわからなかったのですが、とりあえずギターをやれと言われたので、ギターを始めました。
そして、ハードオフにギターを探しに行き、学校の放課後練習をするようになり始めました。これがキッカケです。
●バンド名は?
名前なしで、ドラムがいないというギターサークルの様なバンドでした。文化祭以降は、活動しなくなってしまったという伝説のバンドです。
●なぜギターを選んだのですか?
最初からギターを選びましたね。形といい木のぬくもりがあったので。見た目でクラシックギターを選びましたね。3,000円のクラシックギターを買って、ネックが反っててめちゃめちゃ弾きづらくて、しばらく挫折して弾いていなかったのですが、そこから自分のお金を貯めて楽器屋でちゃんとしたギターを買いまして。高校2年生の頃です。
●インストで曲作りをはじめたキッカケは?
最初から曲作りはやっていなくて、インストになったのが、19の頃で、それまでは駅で他の路上アーティストの方と弾き語りをやっていて、しかし歌は全く作れなくて、挫折しました。でも作りたい。「誰かのために曲を捧げたい。」そういう想いから作り始めました。
●曲はどのように作るのですか?
出かけたり、人との出会いから曲が出来ることが多いです。鳥と花の曲名が多いです。
●例えばどこに行った時にできるんでしょうか?
森の中に入って抜けるまでの道程からきたインスピレーションとか、人に対して捧げた曲とか。結構エピソードがあります。演奏前にMCで話しますね。
●初めて買ったCDは?
初めて買ったCDはポケモン数え歌です。昔からカセットテープで音楽を聴いていて、CD媒体で聴くようになったのは中学生の頃です。小学校のころ初めてセブンイレブンで買ったというのをすごく覚えています。それまでは、「母と子どものクラシック」をよく聴いていました。
●影響を受けたアーティストは?
最初にガットギターをはじめてすごいと思ったアーティストは、「アンドリュー・ヨーク」とか、作曲家の「マイケル・ヘッジス」とか、県内ですと、「小川倫生」さん、「わたなべゆう 」さんと、「坂上真清」さん等の先輩がたの影響を受けましたね。オープニングアクトで演奏させて頂いた中で影響を受けました。
●どんな所に?
ギターは、音色や曲の曲の表情とかメロディラインに影響を受けています。
ハープは一年半前に弾き始めたんですけど、「ターロック・オキャロラン」というアイルランドの吟遊詩人の方に影響を受けました。ケルティックハープの第一人者の「坂上真澄」さんの影響を受けました。その方は大好きで、共演もさせていただきまして、今でも憧れの存在です。
●どんな子ども時代でしたか?
友達とゲームの話題とかは話すんですけど、オカルト物好きでしたね。神秘系とか妖精学とか。今では、妖精ミュージアムで演奏させて頂いたりと、結構不思議なご縁があります。今でも読んでいます。








安生正人にせまる。

自分が曲を作って良かったと言ってもらえる事が嬉しい事ですね。

そうですね。路上とかでやってたころは、暇さえあればって感じだったんですけど、今は週2回かな。
月4、5本やっています。
●主にどちらで?
宇都宮とか栃木県内ですね。毎回別の場所ですね。カフェだったり雑貨屋さんだったり、コンサートホールだったり。県外もありますね。東京はあまりないのですが、埼玉、千葉もよく行くようになりましたね。
●音楽やっていて良かったと思うときは??
そうですね。どちらかというと、インドアで引きこもりなんですけど、人と会う事はわりと好きで、結構自分が好きな人や良くしてくれる人に会えることが良かったと思う事だったり、自分が曲を作って良かったと言ってもらえる事が嬉しい事ですね。

●逆に音楽をやっていてつらかったことは?
いっぱいありますね。楽しい事もありつらいこともありという感じで。半々ですね。





安生正人の素顔にせまる。

車に乗ってアートを見に行ったりするのが好きですね。

●普段はなにをされているのですか?
これは、秘密です。

●ご趣味は?
最近は、ドライブが好きになりました。車に乗ってアートを見に行ったりするのが好きですね。いいなと思ったりするものやセンスは、見に行かないと鈍りそうなので。
あとは、ライブを見に行ったりしていますね。








安生正人のコンセプト

おいおい考えて行きます。

●コンセプトは?
おいおい考えて行きます。

●ご自身のウリは?
不思議な感じがする所です。

●オススメの曲はありますか?
桜の時期なので、夜桜という曲です。

●その曲誕生のエピソード
震災当時、八幡山に花見にいったときに電気がついていなかったんですよね。懐中電灯も無かったので、「ランタンとりあえずもっていくわ」って言ってたんですけど、その時、桜がある辺りを眺めていて、ぐるぐる回って、遊んだりしていた時に出来た曲です。花を見ながらというより、花があるんだろうなと見て作った曲です。友人の結婚式の時にこの曲を捧げようと思いこの曲を作りました。



CDなどについて

自分の足跡を残すという意味で、今までとこれからというようなCDにしたいです。

●CDはどのぐらい出しているのですか?
「みぇれみぇれ」さんというシンガーソングライターという先輩と僕が19の頃、M3HRecord(エムサンホープレコード)というインディーズレーベルから出したコンピレーションアルバムや、「ハーモニスト・ユースケ」さんというピアニストの方とのデュオのCDがありまして、彼がやっているヒーリングのアルバムになっています。それは、ハープで演奏しています。
●CDを出す予定はありますか?
自分が参加しているコンピレーションアルバムとソロのCDを出す予定です。

●どんなCDにしたいですか?
これはどちらかというと、自分のソロのCDになりますけど、自分の足跡を残すという意味で、今までとこれからというようなCDにしたいです。
●他のアーティストさんとコラボしたりする機会はよくあるんですか?
結構ありますね。「ハーモニスト・ユースケ」さんとコラボしたり、栃木でフィドルやギター等の方と共演したり、歌の伴奏をハープでやったりするときもありますね。


日本からはなれてヨーロッパや世界各地を飛び回ったりする生き方に憧れます。

●夢は?
日本からはなれてヨーロッパや世界各地を飛び回ったりする生き方に憧れます。
●どんな存在になりたいですか?
唯一無二の存在になりたいです。独自の色を出せる音楽家になりたいです。
●今年の目標は?
もっと県外に行く。頑張って県外に行くです。



UTTI LIVE アッタカフェvol.2 への意気込み

●意気込みをどうぞ!
頑張ります。楽しみにしてますし。演奏を一緒に楽しみましょう。
(2014年5月18日に宇都宮駅東にあるyuinomaにて行いました。)


安生正人の音楽とは。

『ご縁』

●その理由は?
自分はよく聞かれる話題なんですけど、自分は、人のご縁で動いていると思います。家で一人で楽しむのも音楽ですが、僕は違うなーって思います。
(2014年4月6日現在)




編集後記
今回は、2014年5月18日にyuinomaさんにて開催したUTTIGOGOGO主催の「あったカフェvol.2」に出演して頂いた「安生正人」さんにインタビューをしました。
壮大な夢を聞けて良かったです。がんばれ安生正人!
(インタビュー:ウッチー)(校正:shi na)




このエントリーをはてなブックマークに追加

Page_Up